「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ソウルホテル運上昇中

ホテル予約を開始したのは、出発の前日でありました。
未だ、韓流人気は衰えておらず、ホテルはどこも満室状態でした。
いつものギリギリ計画に泣くこととなったのでした。
とにかく前日に、電話をかけまくって、「どこでも空いているホテルに泊めてください」と。
泊まるのは私一人だし、どこか一部屋くらい空いてるだろ!と。

a0108231_2330592.jpg

「申し訳ございません。満室でございます」

結構、高級なホテルに電話をしてもお断りをされたのでした。

がっ、夕方に「一部屋、ご用意ができそうです」との回答がありました。
「お願いします」即答です。


その翌日(韓国へ向かう当日)の朝、予約が確定し無事に泊まるホテルが決定しました。

インターン中の夫に叱られつつ、ホテル名をメールで知らせ、韓国へ向かったのでした。




ソウルの金浦空港から、深夜ということもありとんでもない運転ということもあり、市内のホテルまで30分せずに到着しました。
料金は、40,000ウォンでした。宿泊先のホテルは、‘ロッテホテルソウル’です。
結局、空いていたのはロッテホテルだったのです。
日本語通じるし、場所もいいし、ラッキー!て感じでした。
無事にチェックインを済ませ、部屋へ向かいます。

a0108231_23345838.jpg
a0108231_23351853.jpg
a0108231_23354415.jpg

なんだか部屋はとても広く、きれいで、32階ってまさか・・・・?
フロントに、「もしかして私は、“クラブフロア”に泊まっているのでしょうか?!」と聞いてみました。
「はい。お客様の宿泊予定のお部屋が満室のため、グレードアップさせていただきました」と。

なんですとおおおおお!!!!それを、言わんかい。

その後、ホテルへ呼び寄せていた韓国妻とその娘ちゃん(2歳)と川の字で、キングベッドでお休みになり、ソウル一日目は終了したのでした。
[PR]
by nyu29 | 2008-07-30 23:46 | 韓国

ソウル上陸

近くて遠い、お隣は韓国へやってまいりました!
羽田空港からアシアナ航空にて、ソウルの金浦空港までは約1時間45分。
なんて近いんだ。
羽田も成田より全然近いし、超楽ちんな移動となりました。
ただやっぱり日本人は、免税店や飲食店がたくさんあるわけではないせいか、羽田発の便は韓国人がほとんどで、日本人がほとんどいなかったです。
a0108231_1057110.jpga0108231_1057203.jpg















チューブ?入りのコチュジャンがおいしくておいしくて、食べすぎてお腹を壊したのは言うまでもありません。
[PR]
by nyu29 | 2008-07-30 10:59 | 韓国

東京高級ランチ三連発<その三>

日本滞在も残すところ1週間となりました。早いです。
来週にはもうボストンです。
そんな中ですが、今から韓国へ遊びに行ってきます。
HBS韓国妻の帰省情報を聞きつけたので、それを追っかけて韓国へ出発です!ソウルを案内してもらう作戦です。
韓国旅行記、お楽しみに~♪

a0108231_16191349.jpg
では、その前に書きそびれていた高級ランチの続きです。
お友達との原宿ランチです。“ラルテミス・ペティアント”というフレンチのお店です。
明治神宮前駅から少し歩きました。
思えば、この頃は(7月上旬)まだおしゃべりを楽しみながら歩くことができました。
今はもう、おしゃべりしてるヒマがあるならとっとと歩いて、目的地に着かないと生命の危機を感じますね。おおげさですか。

いつか書くかと思いますが、ちょっと前にディズニーシーに行ったら、空いてました。夏休みだとうのに。
ミッキーも暑さで、心なしか早歩きです。
私たちの目の前を、猛スピードで走り去って行きました。
こちらに、追っかける気力もないのですがね。


さて、おまかせランチ(ひとり¥5,000)の内容は・・・
a0108231_1628387.jpga0108231_1628185.jpga0108231_1628361.jpg










a0108231_16285630.jpga0108231_16291584.jpga0108231_16293130.jpg

















どのお料理も繊細でおいしいざます。ボストンでは出会うことのできないお味かと思われます。
特に、うにの料理とサーモンの瞬間燻製(この店の名物料理とのこと)がめっちゃおいしかったです。
「サーモンはボストンの方がおいしいよ」
なんて誰が言ってんの。私ですけど、この店のサーモンの方がおいしいです。
ボストン勝ち目なし!無念。。。。
デザートも、ちょっと物足りないカモ・・・というくらいあっさりとでてくるので、おわりまで残さず楽しめました。

こんなフレンチは、ボストンに戻ったら食べないだろうな、としみじみです。
その後は、日本はセール真っ最中ということで、表参道をぶらぶらショッピングしました。

そして現在、ボストンへの荷造りを始めながら、日本獲得品の多さに怯える毎日です。
とどめの韓国旅行もありつつ・・・・・
[PR]
by nyu29 | 2008-07-29 17:00 | Japan Trip

東京高級ランチ三連発<その二>

続きましては、2本目です。
東京ブランドレストラン戦争勃発・・・・・。戦争がおきまくっています。
高級ブランドのビルができ、そこにはレストランやスパやらがあるらしい、それは行くっきゃない!と。
ブランドとレストランを合体させてしまうというのも、ブランド大好きな日本ならではなのでしょうか。
シャネル、アルマーニ、グッチ、エルメス、ブルガリ、そりゃあ飛びつきたくなりますとも。
東京に住んでるわけでもない、私の家族ですら訪れているくらいですから、人気は相当なものです。
ボストンにあった、アルマーニカフェはなくなりザラに変わってしまったというのに。。。

a0108231_23272412.jpg
それで、たくさんのブランドレストランより選ばれたお店は、‘ブルガリ銀座タワー’!!銀座二丁目へ向かいました。
Il Ristorante(イル・リストランテ)、に行こうとしましたが2時すぎまで予約でいっぱい涙。。。
お腹が空いて待てません。私には日にちもないのです。
というわけで、その上の階10階にあるバーへ向かいました。ここなら予約なしでも入れるそうです。
12時オープンだったので、買えるはずもないジュエリーなどを買うふりをしながら眺めて待ちました。
ジュエリーだけでなく、バッグや小物もいろいろありました。あんなにたくさんのブルガリ品を見たのは初めてでした。

私は、着ていた白いTシャツが色ものと洗濯したため、首元がうっすらピンクに変色していたので、つまみだされないか不安でした。

そんなこんなで、無事に席へ通してもらうことができました。
下の階が吹き抜けになってたため、のぞいてみたら本当にレストランは満席のようでした。さすがブルガリ!
大きな窓からは、シャネル、カルティエが見えました。ブランド天国ですなあ。
銀座マダムに囲まれながらのランチとなりました。

レストランとバーでは食事メニューが多少異なるようです。
バーは、コースメニューではなくアラカルトのみになっていて、あとは“ブルガリアフターヌーンティー”なるものがございました。
それが、おススメとのことでした。
それならそうしましょうよ、と12時からアフターヌーンティーをいただけるっつうのも珍しい気もしながら、頼んでみることにしました。
アラカルトメニューもとても素敵で、後ろ髪をひかれながらの選択でした。

おひとり様、3千500円のアフターヌーンティーが運ばれてまいりました。
a0108231_2350355.jpg
まずは、スコーンにつけるジャムの選択からです。
ちーーーさいスコーンなんですけどね。はちみつとストロベリーと普通です。
a0108231_23522435.jpg
よく見かける、三段のアフターヌーンティーではなくてBOXタイプでした。
「ぎゃーおいしそう!」としばし写真タイムです。
a0108231_23585523.jpga0108231_23591085.jpga0108231_23593559.jpg

















見た目の美しさはもちろんながら、こんなに小さいハンバーガーでもとてもおいしかったです。
ワギュウヒレニクのミニハンバーガー・・・・・・和牛らしい・・・・。
スィーツはどれもかわいくて、中々食べられなかったです。

どれもおいしくて感動でした。銀座にて優雅なランチタイムを過ごすことができました!
食事を終えて席を離れる時、同じようにランチを楽しんでいるマダムの中に、‘ナンタケットバスケット’をお持ちの方がいらっしゃいました。
なんと!日本で初めて持ち歩く方を見たであります。しかも、相当な高級なやつです。さすが、銀座です。
思い切って、二人で声をかけました・・・・かなりのあやしさです。
しかしながら、いろいろお話ができバスケットの輪が日本でもできてうれしかったです。


じっくりと、ブルガリを堪能できました。
何から何までブルガリでした。ナプキンもマットもスプーンも。お料理もとてもおいしかったです。
ただ、文句を言わせてもらうならば・・・・・・

なぜ、禁煙でないの!??というおはなしです。
分煙でもなく、隣からたばこの煙がきたときには仰天でした。こんないいお店なのに!怒と。
アンケートを渡されたので、しっかり書いてきました。
今すぐ全席禁煙にしろー!!と。

そこだけ残念でした。
[PR]
by nyu29 | 2008-07-19 00:24 | Japan Trip

東京高級ランチ三連発<その一>

日本の食事はとてもおいしいです。
安くておいしいものもたくさんあります。

が、高い食事を食べたくなる。そんなときもあるんです。

例えば、日本を1年離れていて外食と言えばまずいアメリカンな料理に払いたくもないチップを泣く泣く払っていた。
そんなケースの場合です。

さて、いいわけはこのくらいにして。


1本目。
東京ホテル戦争勃発。
いったい誰が泊まっているの?と東京に軒並みオープンしている高級ホテルたち。
以前のホテル大好きな私なら真っ先に宿泊!をしていましたが、今のわたしに高級チェーンホテルズに興味はないのです。
フォーシーズンズ、グランドハイアット、リッツカールトン、マンダリン・・・・・はいはい。
って、払えない高額なので強がって見せます。
そして、宿泊はできなくてもミーハーなのでせめても一度は足を踏み入れておきたいのです。
そこで、食事へ行くわけです。狙いは、ランチです。
ホテルの食事=サービス料もかかるしお高い、それはそうですが、案外ランチは手ごろだし(自分で払うわけではないのですが・・・)、高い分当たり前においしいのです。
と、そんなわけでやってきました‘ペニンシュラ 東京’!!
ボストンに旅立ってからオープンした、高級ホテル。
ちなみに自慢??ですが、わたしは北京のペニンシュラホテルに泊まったことがあります。
宿泊費も安く(だから泊まれたんだけど)、風呂は壊れ茶色の水がでてくるし、でろくなイメージはなかったペニンシュラですが、
a0108231_2164846.jpg
ここは花の都、ホテルの都、東京は日比谷。オープンしたのは、2007年。
悪いわけがないのであります。

最上階は24階にある‘Peter’へ。今流行り?の専用エレベーターにて。一気に24階へ。
「ここは何屋さん?」と夫と浮世離れしたつくりに、戸惑いました。
プラダのかばんは並んでいません。
料理は、インターナショナルキュイジーヌってやつらしいのだけど、それが何なのかワカリマセン。
キュイジーヌって何なんでしょうか。


ごちゃごちゃする私たちを、スタッフさんは優しく(とっとと入れ、コノヤロー)と店内へ案内してくださいます。

中はこれまた不思議系な空間で、言葉で言い表せない感じです。

みんな冷静に座っていましたが、内心「何なの!?この店、あたりなの!?はずれなの!!?」
とドキっドキです。とにかく落ち着けない感じです。
4人で、変な形のテーブルに座りました。全然、落ち着けません。景色も見ません。

こんな時に、「お飲み物は?」なんて聞いてくるもんだから、
勢いよく頼んじゃった、ペニンシュラオリジナルシャンパンはグラス1杯で2,800円なり。
ホテルのシャンパンには魔物が住んでいます。注意しましょう。
夫は1滴も余すことなく飲み干していました。当たり前です。

精神不安定、食欲旺盛なわたしたちが頼んだコースは5品コース8,500円。
メニューを見て、かぶらないように注文しました。こんな感じです。記念にのせられるだけのせておこう。ボストン帰ってから楽しもう。悲しもう。
a0108231_2591749.jpga0108231_2593517.jpga0108231_2595299.jpga0108231_301959.jpg













a0108231_314611.jpga0108231_32725.jpga0108231_322781.jpga0108231_33635.jpg













a0108231_342213.jpga0108231_344240.jpga0108231_351470.jpga0108231_384850.jpg













a0108231_392050.jpga0108231_394628.jpga0108231_310492.jpga0108231_3294964.jpg













いろんな口コミがあったけれど、全体的にとてもおいしくて大満足でした。
一皿ずつの量も、多くないので最後のデザートまで味わうことができました。
ただ、パンはあまり食べられなかったです。おいしかったので心残りです。
私が気になる喫煙についても、全席禁煙なので煙を気にすることなく食事を楽しむことができました。
ペニンシュラ食べつくし、大成功です!
[PR]
by nyu29 | 2008-07-17 03:56 | Japan Trip

月島、鬼アツっ

今日のことを書かないと、日記は書かなくなってしまう・・・とはよく言ったものです。
たまりにたまっている東京日記。
今日は思い切って今日のことを書きます。すでに日付は変わっていますが。
a0108231_1356.jpg
7/12(土) 午前中はすごく晴れていたが、午後は一時雨に襲われました。
今日は夫のインターンもお休みだったため、一緒に出かけました。私のお出かけについてきました。
最近の私のお気に入り出没スポットである恵比寿へ向かいました。定期券を購入しようか、という勢いで訪れています。

「ありえないっつーの!!」と叫びながら夫と観た“花より男子”でおなじみの待ち合わせスポットに現れました。
残念ながら、道明寺は現れません。現実にあんな人はいません。
と夫は、わたしの楽しい花男妄想の邪魔をします。

さて、そんな恵比寿にて待ち合わせをしまして、ランチへ向かいました。
が、タイトルを見てわかるように恵比寿の日記ではないのです。恵比寿の写真はこの一枚しかないのです。
ざっと書くとすれば、ランチをしてドクターシーラボのファミリーセールに参加して、それが混み過ぎで何も買えずに退散してきた・・・・・

が、今日の恵比寿の全てでした。

一緒にランチをしてドクターシーラボセールに参加した、おねえさまとお別れしたわたしたち夫婦は、なぜか“月島”へ向かったのでした。

「もんじゃが食べたい・・・・かも」

ととりあえず向ってみました。そしたらなんと、祭り!をしていました。
月島もんじゃストリート??にて今日から3日間、“草市・露天大会”なるものをやっていました。
電車がやけに混んでいたわけがわかりました。
浴衣を着た人がいっぱいです。思わぬ日本の夏に出くわすことができました。
a0108231_137416.jpga0108231_138076.jpga0108231_1382031.jpg



















焼きそば、たこやき、お好み焼き、フランクフルト・・・・・目が回ります。
一周したら何が何だかわからなくなり、疲れてお腹も空いたので適当なもんじゃ家に入ってみました。
浅田真央ちゃんがきたよ、というお店です。“もんじゃ 錦”へ。
a0108231_1473086.jpga0108231_1474960.jpga0108231_148968.jpg



















本格もんじゃ初心者なので、人気№1の明太子もちもんじゃを頼んでみました。チーズトッピングで追加です。
おとなしく、お店の方に作ってもらいました。一瞬でもんじゃ出来上がりです。お茶を飲む時間もなかったです。
おいしくいただきました!

しかし「わたしたちは、‘お好み(焼き)派’だね・・・・」とお店を後にしました。今日、気づきました。
ほろ苦いもんじゃ体験となりました。
a0108231_215843.jpga0108231_221935.jpga0108231_224979.jpga0108231_23549.jpg
















もんじゃストリートは大量の人で、えらいことになっていました。
出店は、200軒近くあり10万人もが訪れるらしい・・・・・月島すごいじゃないかっ。
a0108231_2123314.jpg
占い師?!ではなさそうだけど、月島名物なのか・・・手相おじさんもいました。
せっかくなので二人で見てもらいました。
手相というか、世間話というか、、、無料なのでね。ペンで手が真っ赤になったけど、おじさんとの交流は楽しかったです。

お腹も膨れ疲れたので帰ってきたわけです。
帰り道は、最近話題の‘山本モナ問題’について。夫婦で熱い議論をかわします。
「どうでもいいけど、山本モナって老けちゃいないかい?!」でマンションに到着です。


月島はあつかった・・・・
[PR]
by nyu29 | 2008-07-13 02:32 | Japan Trip

食事日記

知らない間に七夕が終わっていました。
日本版としてブログに載せようと思うことは、食べ物ネタしかありません。
何を食べてもおいしいし、お金を出せばそれに応えてくれる日本食にあっぱれです。

いつ何を食べているかはさておき、とりあえず食べた物をのせようと思います。
ボストンに戻って、この写真を見て私が楽しむためにも・・・・
a0108231_9463397.jpg
左:こういうの!って感じで一人で食べたランチです。
本当においしかった~!!
最近?お子様ランチ的な食事にとても惹かれます。何なんでしょうか。
これは六本木ヒルズにある‘ 66ダイニング六本木六丁目食堂’というお店です。
日本に帰ってきてから、なのか元々なのか、タバコを吸う人が多いなと感じます。
私は過激にキライなので、残念です。せっかくご飯がおいしいのに悲・・・・と。
新幹線が全席禁煙になっていました。
全部禁煙になると、隣にタバコを吸っている人が座ってきます。
くさいんです。吸ってなくても、臭いっ怒。息が臭い。
喫煙席はあってもいいかも?とおもった瞬間でした。


下:丸ビルは35Fにある‘マンゴツリー 東京’のランチビュッフェです。
ボストンで味わうタイ料理とは、一味も二味も違います。
私の大好きなフォーもあって、目一杯堪能できました。豪華でとてもおいしかったです。
食べ放題で質がいいのは、料金が高めだからなのでしょうヵ。日本だからなのでしょうか。おいしいので、どうでもいいです。
平日の昼間だというのに、行列でした。女性だらけ!!

a0108231_9465023.jpga0108231_9471154.jpga0108231_9472919.jpg




















a0108231_0483189.jpga0108231_0484826.jpg何事ですか!?と思わせる行列によく出くわします。
東京って、行列の街です。
デパ地下を歩けば、行列にぶかります。
この列の先にあるものは、バームクーヘンです。‘ねんりん家’っていうらしいです。
東京駅大丸はオープンと同時に異常な列ができていました。
バームクーヘンバカの妹に、買ってくるように頼まれました。そういう人がたくさん並んでました。

私は、並べません。
池袋の東武百貨店に同じ店がありました。すんなり買えました。なんだァ。。。

で、味はおいしかったです。
バームクーヘン!て感じでした。無印良品のバームクーヘンもおいしいけどね。
ねんりん家に怒られるかな・・・・
[PR]
by nyu29 | 2008-07-10 01:03 | Japan Trip

ホーチミン完結

a0108231_1571698.jpgまだホーチミンが全部書けてないの!!?と自分にうんざりしながら。
やっと、最終日分にたどり着きました。

6/20(金)です。

最終日とは言っても、ベトナムから日本へ帰る便は深夜便で、空港へは夜10時くらいに行けばよかったので、この日も丸ごとホーチミンで遊ぶことができました!
朝はお決まりの、ベンタン市場へ最後の買い出しへ出かけました。
嫌がる夫を、引きずりながらの買い物です。
引きずりついでに、他の雑貨店も続けてショッピングです。最終日なのでしょうがないんです。
かわいい雑貨達とお別れです。
ほんとにかわいいものでいっぱいでした。安いし、すごいです。

「どんだけえええ!!」
と妙な日本語で追っかけてくるバイクおじさんともお別れです。
何をして生活をしているのかわからない人が、たくさんいました。

ま、わたしもそんなに人のことは言えないのですが・・・


12時にチェックアウトだったので、ホテルに戻り荷物をいったん預けて、食事に出かけました。
最後のランチは、ホテル近くのカフェで食べました。
ガイドブックにのっていたお店です。
何ていう名前だったかは、忘れてしまいました。
ホテルを出てすぐの角にあったのですが、お店が2階にあって入口がわかりにくかったです。
怪しい階段を上って入るので、大丈夫?とちょっとこわかったです。
が、しかし外観とは全く似つかない、かわいーーー!店内でした。すごくキュートなお店でした。
a0108231_2125947.jpga0108231_2131718.jpga0108231_2133852.jpga0108231_2135429.jpg
















料理も種類豊富で、どれもおいしかったです。
写真左から2枚目の、デザートがとてもおいしかったです。ベトナム名物デザートのCHE(チェー)というものです。
私が頼んだものは、蓮の実入りのもの。これが相当おいしくて感動!!ぺろっと完食です。
こういうのってすごい甘いイメージだけど、甘さ控えめでとてもおいしゅうございました。夫もペロリです。
料理もおいしかったです。このお店、案外大正解でした。近くにあったことに気付けてよかったです。


13時半にホテルで待ち合わせがあたので、食事後は再びホテルへ戻りました。
さて、最終日の午後のわたしたちの予定は・・・・・・


“SPA  6時間コース”!!!!

ホテルへお迎え車がやってきたので、荷物を持って乗り込みました。最後は、このまま空港まで送ってくれるのです。
向かった先は、“SEN SPA”センスパというお店です。
ベトナムには大量のスパがあって、これまた賛否両論意見が山のようにネット上であふれていたため、品川ブログを参考にしました。
品川さんもここを訪れたようです。というわけで男性も可だし、と決定しました。
6時間も一体何をするのか?と聞いたところ、要は全部してくれるらしい。日本人スタッフの方がいらっしゃいます。
フットケアから始まり、フットマッサージ、、ボディスクラブ、ボディラップ、ボディマッサージ、フェイシャル、シャンプー、ブロー、ペディキュア、マニュキュア・・・・・・
ふう、これで全部書けたかな。
さらに、食事とお風呂もついているという豪華な内容。これほどの贅沢があったのかと、びびりました。
さらにびびったのは、何といってもお値段!!
6時間で$130!!(チップ込)
疑いたくなるようなお値段で、まったく乗り気じゃなかった夫まで、受けることになりました。エステ初体験です(夫)。
夫婦で一緒にVIPルームで受けることもできましたが、追加料金がもったいなくて(せっかく安いんだからと)別々に受けました。
a0108231_2541891.jpga0108231_2544120.jpga0108231_2545959.jpg





















お風呂も貸し切り状態で、マッサージルームもずっと私だけだし・・・・超VIPじゃないか!とトロけてしまいそうでした。
6時間後に出会った夫も、トロけていました。
受けたことのないエステを受け、全身がつるつるになってしまっていました。旅?私??への怒りも消えていました。よかったです。
本当に至福の6時間を過ごすことができました。
ベトナムへ行ったら、エステだよ!と聞いてはいたけれど、こんな素晴らしい世界があったとは!と驚きでした。
ホーチミンは、女性にはたまらない国のようです。また、友達ときたいと思います。
そして次こそは、VIPルームへ!!

無料送迎付なので、スーツケースとともにピカピカな私たちは空港まで運んでいただき、日本行の飛行機に乗り込んだのでした。

カンボジア&ベトナム旅行の終了です。

現在7/6は、日本生活中であります。徐々にブログアップがんばろうと思います!
[PR]
by nyu29 | 2008-07-06 03:18 | ベトナム

まだホーチミン

日本生活はやっぱり楽しくて、会う人も多いし、食べることも多いし、ですっかりブログの存在を忘れていました。
今日、7月になっていることに気づき、ブログではまだベトナムにいる私をそろそろ日本に戻さなければ、と久しぶりの更新です。

今でははるか昔に感じてしまう、ベトナム編です。6/19(木)・・・・
朝一で、再びベンタン市場です。
a0108231_1944972.jpga0108231_19442663.jpga0108231_19444567.jpg


夏が終われば、ボストンに戻らなければならないことを省みず買い込みました。どんぶりを大量購入。夫は激怒。

値切りにも慣れ、強気で攻めます。

安かわいいものをたくさん購入できました。
ボストンに戻る荷づくりは考えないことにしました。








その後は、腹ごしらえに出かけました。また、フォーです。フォーバカです。
‘Hoa Hoi’ホアホイというお店です。
この店にたどり着くのに、すんごい苦労しました。すんごい喧嘩をしました。
ホテルから歩いて向かう距離ではなかったんだと思います。
ぼったくりを恐れて、この旅行中タクシーを一切使わなかったどケチ夫婦は異常な距離を日々歩いておりました。
暑いし、道わかんないし、バイク暴走族はすごいし、でけんかは避けて通れませんでした。
a0108231_20185681.jpga0108231_20191626.jpga0108231_20193217.jpgこのお店、ガイドブックにあったとおり、女性一人でも入りやすく、ほかの店に比べてかなり店内はきれいでした。
それにちょっとおしゃれな感じです。
値段は、$2くらいなので歩いた甲斐もあったというものです。

フォーも相変わらずおいしかったです。
特に真ん中のフォーが、めちゃうまでした!
汁のないタイプのもので、とにかくおいしかったです。

今でも思い出して、また食べたいです。


ずいぶん歩いてきてしまったため、同じ距離を戻ることを考えぞっとしましたが、タクシーにはやっぱり乗れないので、ひたすら歩きます。
それでも、お腹がふくれたせいか、帰りはスムーズ?でした。
道を変えるという余裕まででて、やっと観光気分で歩きました。
バイクの怖さは、変わりませんが。
今日も歩き疲れたわたしたちは、足つぼマッサージへ行きました。安いので、カフェ感覚で利用です。
a0108231_21262286.jpga0108231_21242256.jpg


今日は、‘健之家’というお店です。
リニューアルされたということで、店内はきれいでした。
値段は、70分で$10。値段はどこも同じなんでしょうか。

2階で受けました。満員でした。
すごい人気です。
足つぼ技術は・・・・・

めっちゃ痛かった!!

きのうとは変って、すんげえええ痛かったっす。涙。。。

夫と二人で失神しました。

受け終わった後は、すっきりして足が軽くなります。





a0108231_21283616.jpgカフェでお茶もしました。ドンコイ通りにあるちょっとおしゃれなお店で。‘MOJO’という店です。
だいぶおしゃれだな、と思ったら値段もおしゃれでした。
この旅で一番高いっ!と感じました。カフェなのに・・・・。

写真に写っているのは、‘抹茶ティラミス’です。
私のホーチミン旅行は、ガイドブックと品川ブログでなりたっています。いました。
このカフェは品川ブログで見て、行ってきました。
抹茶ティラミスが、「今までのティラミスで一番だった」とあったんです。

ま、わたしはわたしの作ったティラミスがいちばんなので。


でも、おいしかったはおいしかったです。でも、わたしのティラミスのがおいしいです。

詳しくは、品川ブログをご覧ください。
[PR]
by nyu29 | 2008-07-02 22:54 | ベトナム