「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:スペイン2( 7 )

バルセロナ・最後はホテル編

すっかり時差ボケに、はまっています。
スペインとボストンは5時間の時差だったのですが、スペイン時間で生活を送っています。
夕方に寝て、真夜中に起きちゃいます。早く直さないといけません。
ボストンは、私たちがスペインから戻ってきたらサマータイムが終わっていました。
1時間ておおきいのですが、5時間の時差にはかなわず、よくわからないまま終わってしまいました。
a0108231_23515353.jpgもったいない。楽しみにしていたのに。
サマータイム終了のおかげで、日が暮れるのが早くなりました。
天気が悪いのでずっと日中も夕方みたいな感じなのですが。
どんより曇り空は気がめいります。
ひとつ近況を・・・スペイン戻りで、ナンタケットバスケットを再び始めました。
それについては、また書こうと思います。

スペイン編の続き、ホテルについてです。
今回5泊お世話になったホテルは、`ME Barcelona’というホテルです。
まだオープンしたばかりのホテルで、オープニングSALE価格で泊まれるとのことだったので決めました。
5つ星の超モダンなホテルでした。
朝食付で、3つ星ホテル並みの金額で泊まれました。
場所は、中心からはずれた位置にありました。
バルセロナのテクノロジー地区と言われる、22@という場所にありました。駅はPoblenouです。
地下鉄にすぐ乗れるし、バルセロナ中心街からタクシーで6~8ユーロで帰ってこれるので、そんなに不便でもなかったです。
超高層ホテルなので、結構どこからでも目立っていました。
新しいホテルですが、どのタクシー運転手さんも知っていました。困るかと思っていたので助かりました。
ただ、ホテルの周りには、なーーにもないです。まだ開発中とのことらしいけど。レストランもないです。
ピザ屋がひとつあったくらいです。
お部屋はこんな感じでした。

a0108231_23455212.jpga0108231_234625100.jpg
















そんなに広くはないのですが、新しいのでとにかくきれいでした。
残念すぎて泣いたことは、バスタブがなかったことです。シャワーのみでした。
もっと高いお部屋に泊まれば、あるみたいです。
SPAがあるのですが、まだ工事中で使用できませんでした。出来上がれば、ハマムもあるとのことでした。
部屋からは、アグバール・タワー(左)サグラダ・ファミリア(右)が見えました。
a0108231_025512.jpg
毎日、楽しみにしていた朝食は、とてもおいしくて豪華でした。
スペインにしては珍しく、7時から食べられました。ありがたいです。
12時まで食べられるようです。そこは、スペイン人用にもね。
a0108231_085451.jpga0108231_092389.jpg



















日替わりで選べる卵料理もとてもおいしかったです。
わたしは、ポーチドエッグがお気に入りでした。
生ジュースも種類豊富で、おいしかったです。夫は、豆乳を気に入って飲んでました。
ロビーはこんな感じでした。
a0108231_0121485.jpg
24時間のジムやプール、チョコレートバーや面白いものがたくさんありました。
とにかくモダンなホテルでした。
夫は、セクションフリースでは居づらい、とジャケット着てました。そんなホテルです。
スタッフも、制服なのですがとてもホテルスタッフには見えない格好をしてました。
「おっぱい、見えてますよ」と言ってあげたくなりました。そんなホテルです。

スペイン旅行バルセロナ編、おしまいでーす。
[PR]
by nyu29 | 2008-11-06 23:57 | スペイン2

バルセロナ熱おさまらず

a0108231_15124584.jpg本日は、アメリカ大統領選挙の開票が行われました。
新大統領、“バラク・オバマ”氏の誕生です。
花火が上がりお祭り騒ぎになっています。日本にはこういう感じないです。


日記は再びスペインに戻ります。バルセロナ5日目です。
この日は、11月1日土曜日で“諸聖人の日”という祝日でした。キリスト教の祝いの日です。
レストランやお店などはかなりお休みのようで、当日の朝に気づいた私たちは焦りました。
最終日にショッピング!との意気込みは砕かれました。
それでも多少のショッピングはできるでしょ、ということでとりあえず町に出てみることにしました。
カタルーニャ広場へやってきました。
ここは、別名ハト広場です。わたしが付けました。
ほんと、ハト多すぎです。ゲエ。
まだ見学していなかった“カタルーニャ音楽堂”も行きました。
中の見学はガイド付きの当日券が売り切れで見れませんでした。
外だけです。
祝日効果なのかなんなのか、だいぶ混んでました。
外だけでも見れてよかったです。
ちなみに、ここも世界遺産になっております。

a0108231_15313712.jpga0108231_15315558.jpga0108231_15321227.jpg










a0108231_15342248.jpg
町歩きをしてみると、大通りの店は案外やっていることに気づきました。百貨店もやっていました。
レストラン探しをしました。
休みの店が多く難航しました。
選べるほどはなかったのですが、なんとなくで選んでみました。
フレンチのようでした。
前菜、メイン、デザートで約€20でした。
どれもおいしくいただきました。
パエリアではなくリゾットだったのですが、チーズが利いて、野菜いっぱいでおいしかったです。
夫は、生牡蠣と白身魚のメインを選んだのですが、そちらもおいしかったです。
おしゃれだし、大満足のシエスタになりました。




a0108231_15434452.jpga0108231_15454539.jpg




















カテドラルの見学もしました。礼拝堂やステンドグラスは美しかったです。
歩きつかれていたのでちょっと休憩させてもらいました。
この辺りはものすごい人が多かったです。
中央では、ダンスしてる人がいました。けっこう邪魔です。
大通りを歩き、なんとなく買い物(見るだけのやつ)をしてみました。
夫となので、ほとんど見れないし買えないし楽しくないしでホテルへ戻ることにしました。
部屋で一休みして、最後のディナーへ出かけることにしました。
ホテルのスタッフで、バルセロネータに住んでいるという女性がいたので彼女の舌を信用してみることにしました。
a0108231_15585184.jpga0108231_1559633.jpga0108231_15592397.jpg



















a0108231_16531100.jpg到着したお店は、絶対自分たちの足ではたどり着けそうにない場所にありました。
観光客の気配もなく、地元臭たっぷりのエリアにございました。
店内もスペイン人だらけで、日本人二人浮きまくりです。
日本語などもってのほか、英語もおそろしく通じません。ウオーターが通じないのですから。
英語通じますよ的な感じで、オーナーらしき人物がでてきたのですが・・・・
その心意気にだけは拍手をおくりたいです。とてもいい人でした。
英語が通じないのに、英語メニューはあるので指差し注文をしました。
最後はやはり、パエリアです。
もう、これがほんとおいしくってたまらなかったです。
パラッとしているんだけど、水分は多く、とにかくおいしいです。お米のおかげかな。
魚介がたくさん入っているので、いい味なんです。バルセロナは魚介がおいしいです。
ボストンからきて言うのも、なんですが。
味は濃すぎず、塩も全然きつくなくって。深い味わいです。
夫と感激でした!めっちゃ、おいしかったです。
勢いついて、デザートまで頼んでしまいました。この店の名前入りの特製ケーキを。
普通においしかったです。そんなに甘くなくて、イケました。
大満足で店を後にしました。料金もガイドブックにある店よりか、安めです。さすがローカルです。
珍しく宣伝しちゃいます。見つけられるか心配ですが。機会ある方はぜひ!バルセロネータにあります。
CHERIFF
Ginebra,15 tel 93 319 69 84

今回のバルセロナ旅行では、前回のマドリッドとはまた違ったスペインを体験することができました。
バルセロナだけで、6日間て長いかなーとか考えたけれど、まったくそんなことなかったです。
じっくりといろんなものを堪能できました。
まだまだ行ってみたいところがあるので、あと一回はきたいところです。
スペイン病はなおりそうにありません。
[PR]
by nyu29 | 2008-11-05 17:00 | スペイン2

バルセロナ美術館めぐり

a0108231_0481019.jpgバルセロナ4日目は、また雨(大雨)が降ってしまったので、美術館を見て回ることにしました。
まずホテルから向かったのは、Barcelonetaにあるロープウェイ乗り場です。
前日にも行ったのですが、もう終わってしまっていたので再チャレンジです。
乗り場が、駅からかなーーりの遠さだったので、今日はホテルからタクシーで向かいました。
料金は、片道€9でした。これで、モンジュイックという場所を目指しました。
ロープウェイ乗り場はとても高い位置にあって、地中海とバルセロナが見渡せて楽しかったです。
そこにレストランもあって、味もよく景色もいいので、とホテルからお勧めされました。
今回は行けませんでしたが。
ロープウェイは、揺れるし、雨だし、でちょっと怖かったです。
晴れてたらもっとよかったのですが。

降りた後も、大雨でびしょびしょになっちゃいました。
すぐバスに乗って、まずは“ミロ美術館”に向かいました。
雨じゃなければ、歩ける距離です。



a0108231_1202831.jpgミロ美術館は、真っ白な美術館です。
ひとり€6(学割で)でした。日本語オーディオもありました(別料金)。

ここにくるまで、“ジョアン・ミロ”というひとの知識はほとんどありませんでした。
中に入ってみると、一気にファンになりました。
曲線と、色使いがとても個性的で、でも親しみやすい、心地いい作品に囲まれた素敵な美術館です。
ミロ美術館、というだけあってミロの作品を中心に見られるので、初心者にもわかりやすくてよかったのかもしれません。
若手アーティストの作品もちらほら展示してありました。
町の中心から少し距離がありましたが、ここまできてよかったです。
超巨大なタペストリーがありました。7.5m×5mもあるらしいです。

ミロは、ガウディやダリと同じくカターニャの代表的な芸術家です。
気づけばバルセロナの街中は、ミロで溢れていました。
今回、ダリ美術館は距離的に遠くて断念してしまったけど、行ってみたかったなア。


a0108231_1481496.jpga0108231_1483145.jpg

































ミロを堪能した後は、せっかくなのでそこからゴンドラに乗ってさらに上を目指しました。
ゴンドラはとてもきれいで快適でした。
a0108231_252730.jpga0108231_26889.jpga0108231_263017.jpg




















モンジュイック城までやってきました。
丘からは、バルセロナが一望できました。雨も止んで、いい景色でした!
a0108231_2392315.jpg

a0108231_2511442.jpga0108231_2514260.jpg
ゴンドラに再び乗って、そこからは“フニクラ”(写真左)という列車に乗って町へ下りました。
行きもこれでこれば・・・・と思えるよな快適さで素早く町へ出ることができました。
地下鉄に接続しているし、料金も地下鉄と同じだし、お得です。
雨降りに、高いロープウェイに乗るもんじゃありません。

写真右は、地下鉄Liceu駅です。
町の中心である、ランブラス通りに出られます。





この日はハロウィンだったので、少々町が浮かれてました。
そこまででもないです。



a0108231_32531.jpgそして、ミロに続いて次はピカソです。
ピカソ美術館”へやってきました。
ピカソを知らない人はいないでしょう。
中世のたたずまいが残るゴシック地区にありました。
まあ、場所がわかりにくいこと。今までそれほど感じることもなかったのですが、治安の悪さもうっすら感じました。
目がギロついてる方を何人か見かけました。
場所がら、この美術館も15世紀の邸宅アギラール邸を利用したものです。
パティオ(中庭)や内階段、装飾窓が特徴的で雰囲気がありました。
€9でした。学割はないです。

「ピカソ以前のピカソ」に出会える。と言われているように初期の作品をたくさん見ることができました。
普通?の絵を描いてるピカソを多く見ることができました。
超、絵がうまいんです。失礼??
なんだあ。と。知ってはいましたけどね。

人間、極めるとこなってしまうのね。と納得できるような。
どんどん崩れて意味不明になっていくのが見れました。

あの、おかしさはまだ理解できそうにありませんけどね。ここも素晴らしい美術館でした。


ここを出た後は、“サン・ジョセップ市場”という生鮮食料品市場へ行ってきました。
スペイン一の規模を持つ、バルセロナ市民の台所です。
夜だったのですが、すごい活気があって楽しかったです。
生ジュースを飲みながら、散策しました。
a0108231_3305663.jpga0108231_3311840.jpga0108231_331395.jpg



















市場のわりには、きれいでくさくないしとっても楽しかったです。
スペイン人の台所を少し覗けた気がします。みんなかなり真剣に買い物してました。
肉とか、魚とか、わけわかんないものもたくさんありました。あと、卵も。見たことないものがたくさん。
ハムを少し買って、ホテルでつまみたかったのですが、たくさんありすぎてわかんないのでやめました。量も多そうです。
結局、チョコレートを買って食べました。
たぶん店に並んだら高級なんだと思われるチョコが安く食べられました。おいしかったです。
本日も大充実のバルセロナ観光ができましたー!
[PR]
by nyu29 | 2008-11-04 12:25 | スペイン2

バルセロナ・世界遺産をめぐる

ボストンへ昨夜、戻りました。
ボストンは、バルセロナより少し寒いです。だいぶ秋冬モードになってました。


バルセロナ3日目です。
やっと、晴れました!!
早起きして、張り切って観光に出かけました。
まずは、“グエル公園”へ向かいました。
ホテルから結構遠くにありました。地下鉄とバスを乗り継いで行きました。
バスを逆方向に乗ってしまい、結局タクシーを使いました。あちゃあ。
でもこれで正解でした。
公園はかなり坂の上の方にあって、歩いて行くのはしんどかったです。
バスも上までは行ってくれないし、タクシー安いので大活躍です。
公園の目の前に到着です。
a0108231_2120216.jpg
まだ、空いてました。
のんびり公園を歩いて散策しました。
タイル装飾など、見どころがたくさんあって楽しかったです。有名どころ中心に見ました。
たくさんの他の日本人観光客にも出くわしました。
思えば、日本人を多く見かけたのは、ここだけでした。あとは、ほとんど見ませんでした。
a0108231_2130912.jpga0108231_21302590.jpg




















公園はとても広くて、まだ一つ目の観光だっていうのに疲れました。
帰りは下りだし、と歩いて駅まで向かったのもさらに疲れになりました。
距離はそれほどないとは思うのですが。天気はいいけど、寒かったんです。



a0108231_21445072.jpg
お次は、これまたガウディの作品で、“カザ・ミラ”です。
これも世界遺産です。
中の見学もできますが、ここはパスいたしました。
外から眺めました。

「すごいね」「うんすごい」

一言でおしまいです。

怒られるでしょうか。まるでボキャブラのないわたしたち。


すごいです。

この隣の雑貨屋がかわいかったです。





a0108231_22112674.jpga0108231_224407.jpg


























お次は、有名すぎるバルセロナ観光名所“サグラダ・ファミリア聖堂”です。
駅を出た瞬間から混んでました。ていうか、すでに駅が混んでました。
中へ入るのに長蛇の列です。さすがです。
€8でした。学割はないです。さすがです。

ものすごいでかいし、ものすごい量の人です。
世界中のカメラ小僧が集まっています。本格的カメラ小僧です。
ここはまだ工事中で、完成は2026年ごろらしいです。まだ先です。
たくさんの人に紛れながら、中を見学しました。何周かしました。
ガウディさんが、43年間の生涯を費やしたサグラダ・ファミリアは見る価値あり!です。
地下は博物館になってました。見どころ満載でした。

a0108231_22474118.jpg
すでにガウディにお腹いっぱいになりつつあったのですが、最後にもうひとつだけ、と向かいました。
サグラダ・ファミリアから地下鉄で向かいました。乗り換えなしです。
バルセロナは(マドリッドも)、地下鉄がとても便利です。
電車も駅もきれいだし、すぐくるし、わかりやすくどこでも行けます。
10回券を使ってました。これでバスも乗れてかなり便利でした。



で、“カザ・バトリョ”です。
もちろん世界遺産で、ガウディの作品です。
ここは、入場料が高かった!です。ひとり€16.50!!高っ。
学割で、€13.20でした。それでも高いです。
でもここは、日本語のオーディオガイドを貸してくれたので、かなりしっかり理解することができました。
ガイドを聞きながら、じっくり見学しました。
かなりの広さの豪邸です。

こんなお家に住んだら、人格まで変わりそう・・・というお屋敷です。
ここもカザミラ同様に曲線しか使ってないようです。
遊び心満載で、どこを見ても変わっていておもしろかったです。
ちょっとしたテーマパークです。光の演出も素敵でした。
カラフルだし、こんな家に住めたらすごいっ!と。
夫は、「落ち着かない」と夢のないこと言ってました。




a0108231_2324393.jpga0108231_23242625.jpga0108231_23244269.jpg




















一気に詰め込んだ観光に疲れきって、バルセロネータという海岸沿いの地区にご飯を求めて行ったのですが、結局店探しに疲れてホテルへ戻ることにしました。
スペインの夜ごはんの時間まで待てなかったのです。
なので、ホテルでご飯を食べて寝ました。
パスタが€8で食べられました。おいしかったです。麺はのびてませんでした。
9時から翌日の昼まで爆睡です。
バルセロナは見るとこがたくさんあります。
[PR]
by nyu29 | 2008-11-03 23:52 | スペイン2

バルセロナ・・・やはり美食や

バルセロナ2日目です。
a0108231_736536.jpg
本日は(も)、雨の中今回のメイン企画に行ってきました!
サグラダ・ファミリア聖堂、カザ・ミラ、グエル公園・・・・世界遺産をおさえての第一位企画です。
美食ツアーの目玉、ミシュラン★レストランを食らう!です。
日本でも話題になったのか、なってないのか、あのミシュランの星つきレストランに行ってきました。
旅行中に予約がとれる日で、という事前予約にて本日見事に席の確保ができました。
スペインには、たくさんの星付きレストランや世界一予約がとりにくいとされているレストランなどがあり、グルメツアーにはもってこいのお国なのです。
わたしたちが行ってきたレストランは、“SANT PAU”サン・パウというレストランです。
ベテラン主婦(女性!)がシェフを務めるという珍しいレストランです。
2005年に、3つ星を獲得しています。
実は、東京店があります。行ったことはないのですが・・・。
お近くの方、ぜひ。日本橋にあるようです。ちなみに、日本店は二つ星らしいです。

泊まっているホテルから地下鉄に乗って、バルセロナの中心サンツ駅に向かいました。
そこから、スペイン全土を走るRENFEという国鉄に乗り換えます。
レストランのある、Sant Pol de Mar(サン・ポル・ダ・マー)まで片道1時間かかります。
値段は往復で、€6・4でした。
食事だけのために1日削り、往復2時間以上かけてそのレストランだけのために、その場所を目指しました。
たまにはこんな旅行もいいもんです。
サンパウのある、サン・ポル・ダ・マーという場所は、地中海と山に囲まれたとてもすてきな場所です。
晴れていれば、さぞいい景色で散歩もできて食事以外の町歩きも楽しめたことでしょう。
今日のバルセロナは、気温10℃以下で大雨だったのであきらめました。無理でした。
初めての地中海を少し眺めるだけです。

夏であれば栄えていたのでしょうか・・・。何もないような田舎町に3つ星レストランはありました。
駅から歩いてすぐでした。
この辺りの人はみんな知っているようで、地元民に教えてもらいました。
庭と奥に海が見える(写真はちょうど電車がきてしまった)席に通されました。雨の水曜日、けど満席でした。
a0108231_743499.jpg
オレンジと、ゴールドのお皿に黄色の壁紙がうまく調和していて、洗練されてながらも温かい田舎町のレストランを感じさせてくれます。
お値段は、最高級店らしくなっていますが。田舎まったく感じません。残念。
食事に3時間以上かかるとのことだったので、迷わずランチにしました。昼夜同じメニューです。
13時30分開店です。
夜は、やはりスペイン時間の21時開店なので、食べ終わりは恐ろしい時間になりそうです。
コースメニューにすることにしました。ひとり€129でした。
料理はかなりの品数でした。一口サイズづつですが、とてもおいしく楽しめました。
a0108231_7595166.jpg
前菜・・・デザートみたいにかわいかったです。4品あって、六本木、渋谷、日本橋、築地なんて料理名がついてました。
どれがどれだか、当てたらすごいっ!
a0108231_802917.jpg
どこで出たのか忘れたけど、おいしかったです。素材を生かした料理です。
a0108231_81922.jpg
チーズもかなりの凝った感じです。どれも考えられたコンビになっていて、おいしかったです。
シェフのイラスト付き(チーズの)でした。スペイン語です。
食事もかなりおいしいし、楽しめましたが、最後のデザートもすごかったです。たまりませんなあ。
a0108231_8124535.jpga0108231_813664.jpga0108231_8132956.jpg




















残さず、ぜーんぶ食べました。
5時過ぎてました・・・・。何時間経ったんだ・・・・・。最長記録かも・・・。
ランチとディナーが合体してしまいました。一日終わってしまいました。
最後には、有名シェフになったカルメさんも登場してくれて、サインと記念撮影ができました。
大満足な三ツ星体験になりましたー!!私的には、五ツ星だー!!

明日は、そろそろバルセロナ観光かなあ。晴れてくれええ~
[PR]
by nyu29 | 2008-10-30 08:34 | スペイン2

バルセロナは大雨です

バルセロナにきています。大雨です。まさにヨーロッパの秋です。
どんだけ~どんより~

ボストンから、イベリア航空でマドリッド乗継にてきました。
ボストン→マドリッドは6時間、マドリッド→バルセロナは1時間とスムーズに向かう予定でした。
a0108231_18112321.jpg
空港にトラブルはつきものです。

ボストンでマドリッド行きが3時間以上遅れ、マドリッドでうまくバルセロナ行きに乗継ができず5時間・・・・。
荷物が出てこず2時間・・・・。
朝着く予定のバルセロナは、夜になっていました。寒いし、雨だし。夫は怒りに震えてるし。

どん底のスタートになりました。

バルセロナに着いた険悪な私たちは、ホテルチェックインを済ませ、ご飯に向かいました。
困ったときの飯頼みです。
(ホテルはまた詳しく書きます。)
ホテルのコンシェルジュにレストラン情報を求めました。

イケメンスタッフゥーは、ぬけぬけとこたえました。
「夜は大体、9時オープンだよ」

なああああーーー。忘れとったあああ。
スペインのご飯時間のずれを忘れてました。
横で夫の魂が抜けていくのが見えました。
それでも、観光客向けなのと、やっぱお腹空いちゃう人のために空いてるレストランを教えてもらいました。
今回のスペイン旅行は“美食グルメツアー”です。
記念すべき一発目のレストランへ向かいました。

Botafumeiro”というガリシア料理のレストランです。
シーフードがおいしい!とのことだったので、魚介とパエリアを求めて行ってきました。
とにかくお腹が空いていた私たちは、でてきたパンをまずバカ食いです。
パエリアがでてくるというのに・・・。
ロブスターのサラダ、魚介のクロケッタ、タコのチリソース、シーフードパエリア、サングリアなどなど頼みました。
スペイン人には早すぎる7時前にどか食いです。
お腹が死ぬほど空いていたから?
いいえ。ほんとにどれもおいしくて泣きそうでした。
はるばるボストンからきた甲斐がありました。パエリアは、おいしすぎました。
日本語メニューもあったりと、観光客向けのにおいがしましたが、とてもおいしいレストランです。
値段は高めだと思います。
a0108231_18193178.jpg
a0108231_18201195.jpg

夫に魂も戻り、ようやく会話ができました。
「無事についてよかったね」
死ぬ前にこの味に出会えてよかったです。まじで。
[PR]
by nyu29 | 2008-10-29 18:30 | スペイン2

I20を持ちまして

今日はこれからスペインへ行ってきます。
前回はマドリッド中心だったので、今回はバルセロナ方面を攻めてこようと思います。
今日は、ボストンからマドリッドまで直行でいけるのでフランス乗り継ぎにて慌てふためくこともありません。
一安心です。ふう。


スペイン初上陸!の夫とともに出発でーす。
[PR]
by nyu29 | 2008-10-28 06:23 | スペイン2