2008年 02月 13日 ( 1 )

ちゃっかり楽しんだフランス

いろいろなことがありつつボストンへ戻ってきた私ですが、現在は元気になりました。なりつつあります。

旅行から戻ったボストンの天気は大荒れで、今も外は吹雪です。雪で真っ白です。
日中も非常に寒く、私の首はしくしく痛みます。。。

今日は番外編ということで、予定にはなかったパリでの1泊の様子をお伝えします。


きのうの日記のとおり、フランスにてボストン行きの飛行機をキャンセルされたわたしは、パリに1泊することになりました。

こんな形で再会することになるとは夢にも思わなかった、およそ7年ぶりのパリでございます。
スペインではほとんど見かけなかった日本人も、うじゃうじゃいます。さすがパリです。


ホテルは、さすがに空港の横にあったSHERATON PARIS AIRPORT HOTEL にチェックインすることにしました。
空港のホテルだから・・・・と思っていましたが、
下がりきった私たちの気分を、無駄に盛り上げるような高級ホテルでした。
やけにキレイで、広く、ちょっと興奮しました。
a0108231_13244775.jpga0108231_13252595.jpg

















窓からは飛行機が見えました。こんなときに飛行機見たくはないですけどね・・・・
お昼ごはんは、シャルル・ド・ゴール空港にもお店がたくさんあった“PAUL”のパンを食べました。
久しぶりに食べたポールのパンは、パリに残れてよかったかも、と思わせてくれるくらいおいしかったです。食べてる間は思っていました。



その後は、「せっかくだからパリ市内に出よう」というY美ちゃんの言葉に甘え、市内へ繰り出しました。
二十歳のときに受けたパリでの感動がぼんやりとよみがえります。
エッフェル塔、ルーブル美術館・・・ちらりと見ることができました。パリに来ちゃいました。


ディナーは、Y美ちゃんの知り合いでパリ在住の方と一緒に、ルーブルの隣にあるおしゃれなお店で食べました。
料理はこんな感じでした。
a0108231_13391285.jpga0108231_1339394.jpga0108231_1340219.jpg











a0108231_13402779.jpga0108231_1341132.jpga0108231_13413066.jpg












a0108231_1342542.jpg
どれもおいしかったです。

スペイン料理と比べると少し味が濃いような気がしましたが、おいしいです。
どの料理も凝っていて、洗練された感じです。
肉料理のソースに味噌が使ってあったり、ジャスミンティーがでてきたりと、アジアを感じさせるような一面も持っていました。

店の内装もおしゃれで、パリでの素敵な夜を過ごすことができました。

足止めをくらったのがパリでよかった・・と心から思いました。

またじっくり遊びにきたいものです。I-20を忘れずに・・・・


パリの夜はあっという間に更けていきました。この後ボストンに戻り、転んで、病院へ直行したわけです。

足元には注意して歩きましょう・・・・・あいたたたぁぁー
[PR]
by nyu29 | 2008-02-13 14:17 | スペイン1