ネイルのあとのお風呂はしみる

早いもので、もう10月です。ボストンはまだ9月なんですけどね。
不安定な天気が続いていますが、それほど寒くないのでまだ過ごしやすいです。
緑も少しずつ、色が変わり始め紅葉の季節が近づいています。
キャメラマン?としては、待ち遠しくもあります。
天気が変わりやすいので、突然雨が降ってきたりするのですが、気持ちがいいのでよく歩いています。
今のうちに!とハーバードスクエアまでよく歩きます。
今日は、昼と夜と2回も橋を渡ってきました。昼はともかく、夜はだいぶ冷え込むようになりました。
日本で、真夏に「冬はこれが絶対流行りますよ!!」とのせられて購入してきた“ファーベスト”が役立っています。
ボストンで、流行っている感はまるでないのですが。
うさぎとりすが、ファー効果で近寄ってきてくれるくらいです。
ベストではしのげない寒さがすぐそこまできてるので、今のうちに着まくります。

そんなファーを着込んで、今日は初めての(ボストン)ネイルサロンへ潜入してきました。
突然のことだったので、ファー着て豹ガラの傘さしてすっぴんという、あり得ないスタイルではあります。
日本のネイルサロンだったら、つまみ出されそうです。
ハーバードスクエアにある“UNIQUE NAILS”というお店です。
あれ?どこかで聞いたことがある・・・・、で思い浮かぶ日本にあるユニークとは全く別のネイルサロンです。
あしからず。ネットでの評判は、そこそこ悪いです。
a0108231_1204397.jpga0108231_121256.jpga0108231_121188.jpg

















で、お店に入ってみると、いきなし舌打ち!
えええー。まだ何もしてませんけどー。
足元に視線を感じました。ああ、そうですか。なるほど。
『なにお前ペディキュアしに靴できとるんじゃい!』(わたしの想像です)の舌打ちで出迎えられました。
「オオーソーリー。」
夜はかなり冷え込むボストン、そして外は雨が降っています。
川向こうのビジネススクールから素足にサンダルで橋を渡れと言うのかい!?このくそばばあ!!
と思ったら、隣の相方は、マフラーまでしてるのに足元は常夏のビーチサンダルでした。
完全、アウェーです。
次回からは、どんなに足が反り返ろうともビーチサンダルでまいります。
他のお客さんもみんなビーサンでした。そんなサロンです。
施術内容は、まあ一通りという感じでしょうか。
フットバスに、足裏の角質除去、甘皮処理、マッサージをしてくれて、ポリッシュを塗ってくれます。
一通りの内容です。
私の、入店後2回目の舌打ちは、爪のファイル(長さと形を整えてくれる)で起こりました。
わたしの爪が短すぎるのと、爪が小さすぎるっ!でキレてました。
まあ、確かにね。切りたてだし、アメリカンサイズの足と比べたら小さいし、そりゃあ爪も小さいわね。
はい、出血です。
当然です。爪がないのにそんな勢いでこすったら、出ますとも。出やすいデリケートな足ですもん。
ていうか、普通出ますよ。
血を拭きながら、舌打ちです。
足でよかった・・・・・痛くないのが救いです。
角質除去も、かなりの勢いできます。痛いです。我慢です。
そんなに角質がとれるわけではないです。
マッサージは、一番いまいちです。これはあきらめるべきでしょう。
あきらかに、一休み感覚でしています。マッサージしながら休めないでしょう?普通は。
甘皮処理は、もちろんながらの出血です。
それでも、ネイリスト?はアジア人(おばさんだけど)なので、わりと器用だし、早いです。
ポリッシュ塗りは、普通です。ちゃんと二度塗りしてくれます。
出血が隠れるように、赤目の色を選びましょう。皮膚へのはみ出しは常識です。見ちゃいけません。

最終的には、それなりに見えて満足です。
わたしの、色のチョイスもよかったことは間違えないです。誰でもうまく塗れる色を選びました。
a0108231_12464340.jpg

こんなふうに書いたら、みんなネイルサロンへ行かなくなっちゃうかな・・・。
試しに、行ってみてください。
日本のサロンとは、だいぶ異なっていて楽しいです。
料金も、25$と文句の言えない金額になっています。文句の言いたくなるチップが少しかかりますが。
私の担当のおばさんは、全てやり終えると、ビスケットをボリボリと食べ始めました。
私のスカートに、食べかすが落っこちてきました。
夕食時だったので、お腹が空いていたんだと思われます。
次回行くときは、お昼ご飯の後を狙おう!ってもう行くかー!!ばかたれー。
[PR]
by nyu29 | 2008-10-01 13:14 | ボストン


<< 大雨に降られて・・・ 雨よ止んでくれー >>