「ほっ」と。キャンペーン

ドミニカ旅行完全版

ボストンに戻ってきています。常夏のプンタカーナと比べると、ここは真冬です。あと少し我慢です。
帰りは、ニューヨーク(JFK)経由でした。
プンタカーナ→ニューヨーク3時間半、ニューヨーク→ボストン35分、あっという間でした。
日本でいう、グアムぐらいの感覚で、カリブに行けるというのは、なんとも幸せです。また行きたいです。ボストンとは時差もないので、楽チンです。
泣く泣く、ホテルとお別れしてきました。
a0108231_1324736.jpga0108231_13242966.jpg
















はじめは、このロビーからして感動でした。今見ても、やっぱりすごいホテルでした。

さて、そんな予想以上の素敵な旅行ができたわけですが、ホテルの選択にとても迷いました。

まず、“オールインクルーシブ”についてです。
馴染みのない言葉だし、もちろん体験などなかったし、どうしようかとても悩みました。
インターネットで調べると、賛否両論で様々な意見が書いてありました。
メリットとしては、まずお金の心配がまるでないことが挙げられます。これに尽きると言っても過言ではないです。
どこでいつ何を食べても飲んでも、お金がかからないというのは、ものすごい開放感で、精神的にかなりゆっくりできます。
レストランについては、日本人が、毎晩楽しみにするような食事はでてこない。と多く書いてありましたが、
実際、わたしたちは毎晩楽しみでしょうがなかったです。
このホテルには、オールインクルーシブのレストランは、代表的なものは大きく6つほどありました。(ブッフェのレストランは含まない)
どこも魅力的なレストランに見えたので、毎日次はどこに行こうか楽しみでした。
味は、どこもとてもおいしかったです。
どうしても、質は下がるだろうと覚悟はしていましたが、いい意味で裏切られました。
どこも、予想外においしかったです。
6つあって、4日間しか滞在しなかったので、回りきれない・・・・と最終日は、はしごしちゃうほどでした。
どのレストランも予約が必要になりますが、前日の予約で十分だし、どこかは空いているので、食べられないことにはなりません。
ブッフェはいつでもあるし、ルームサービスしてるヒトも多いようでした。

ドミニカグルメは、魚もおいしくて、味付けも濃くないし、おいしかったです。
盛り付けや、量に文句はつけられるけど、全体的に悪くないです。
夫は、朝昼晩三食ステーキを食べられて、泣いて喜んでました。
a0108231_144374.jpga0108231_1445967.jpg












a0108231_1464856.jpga0108231_1485163.jpg












a0108231_1491612.jpg
このレストランは、アジア料理、鉄板焼き、お寿司と中で3つにわかれていました。
予約なしだったため、アジア料理に通されました。
焼き鳥?や、照り焼きチキン、お寿司などの、おなじみのアジア料理から、マヒマヒなどまでいろんな料理がありました。
量が、異常だったけどおいしかったです。見た目より、おしいいです。
店内は、日本語のちょうちんがぶらさっがていたりして、見てるだけで楽しかったです。
そして、おしゃれです。
待ち時間も、バーで飲んだりできるようになっています。
店内が、やけに暗かったことだけが気になりました。どこも暗かったです。




ばっちり正装して出かける、本格的なフレンチのレストランもあります。2件ほどありました。
コース料理でした。私は魚を、夫は肉を選びました。どちらも、かなりおいしかったです。
フルコース、デザートまで楽しみました。シャンパンも飲んでも無料なので、店をどう出て行ったらいいのか戸惑いました。
サインもしないので、ちょっとした食い逃げ状態です。
チップくらい・・・・とまわりを見ると、払おうとしていたお客さんに、スタッフが「いらない」と告げていました。すごい!
a0108231_1425395.jpga0108231_14252539.jpga0108231_14254460.jpg
















a0108231_14261337.jpga0108231_14263391.jpga0108231_1427686.jpg
















a0108231_14413858.jpg

外で食べられるレストランもありました。
海を見ながら・・・暗いけど、よく見えないけど、いい感じでした。
浜辺でのディナーもできるようです。だから、暗くて見えないって・・・・・

ワインを5本も6本もあけているひとたちがいて驚きました。
無料のものと、有料のものとあります。
貧乏性なので、残さないようにしないといけない・・・と思いますが、みなさん無料なのでガンガン頼んでいました。
それは、ダメです。



a0108231_1442481.jpga0108231_14422366.jpg













おおまかな食事については、こんな感じでしたー。
ホテルによるし、オールインクルーシブのスタイルにもよるかと思いますが、このホテルのレストランの質はかなり高いかと思います。
他にも、お金を払って食べるレストランもありました。そこは、ショーを見ながらの食事になるようでした。そこまでは行けませんでした。
夜、外に出かけるのは危険そうだし、よくわからないので、ホテルのレストランでこれだけ楽しめれば十分な気がしました。
ここは、外に食べに行きたいようなレストランもなさそうです。
長期滞在とかになるとかわってくるかとは思いますが。
a0108231_1545111.jpg
ホテル内のエンターテイメントも充実しているし、外に遊びに行く必要はないように思いました。
子供から大人まで楽しめるようになっています。
オールインクルーシブのデメリットとして、地元に接触できない(完全に独立した空間のみ)といわれるようだけど、ドミニカの場合は治安が悪くて、外では遊べないので、問題ないです。
鉄格子の中で、安全に遊んだほうがよさそうです。
だから、自由に出歩ける場所、ハワイとかでは必要ないのかと思います。隔離がもったいない場所ではオールインクルーシブの必要性が下がるかな、と思われます。
ウオーターアクティビティーも無料で気軽に楽しめるし、最高でした。(ダイビングは有料でした。)
子供のための、プログラムもたくさんあるようでした。


オールインクルーシブの場合、ホテル選びはかなり重要になります。
失敗しても、身動きがとれずに我慢するだけになりそうなので、ちょっと奮発していいホテルに泊まったほうがよさそうです。
オールインクルーシブではずれた場合・・・これが一番のデメリットかと思います。
長々、書きましたが、このホテルは成功でした!ということです。
ドミニカに行く機会のある方は、ぜひ!!裏切りませんよ。

では、ドミニカ旅行記にお付き合いありがとうございました~emoticon-0128-hi.gif
[PR]
by nyu29 | 2008-03-28 15:33 | ドミニカ共和国


<< ドミニカぼけ ドミニカは極楽じゃー >>