2007年春  ~炊飯機購入物語~

インタビューを受けています。この私が。この私に。
何を、聞きたいんだろう。私に、ハーバードが何を尋ねようとするのか?何の用だ?

“マーケティング”の授業ですって。
まずは、私にマーケティングについて説明したまえ。
マーケット=市場。
どうやって、商品を売るか。商品と、セールスについて考える。
そんな授業のことらしいです。
マーケティング。そういうことだったんですね。なるへそ。
そして、この授業で私が役立つ日がやってきたのです。買い物狂の私の出番です。
3名のインタビュアーを前に、背筋も伸びます。
質問の大まかなテーマは、
“商品購入までの意思決定のプロセス”について。
最近購入した100$以上したモノは何か。
なぜその商品を購入したのか?
なぜその商品に決めたのか?誰が最終決定したのか?
いつ、どこで購入したのか?などなど。

100$以上の買い物。していますよ。たくさん。
考えて、“炊飯機”について話すことに決めた。日本で購入してこちらに持ってきたものです。
覚えていた限りの私の炊飯機購入の際の状況を話しました。
炊飯機への熱い思いをぶつけました。

アメリカ人は、ライスクッカー(炊飯機)への私の情熱を受け入れてくれるでしょうか?
そもそも、日本人の食事にかける情熱は伝わるのだろうか。
こちらでも炊飯機はもちろん売っています。30$も出せば十分買えます。
でもなぜ、私は約10万円もする高級炊飯機をわざわざ日本からアメリカに運んできたのか?
おもしろくなってきました。
ハーバードの学生がこの議論をどうするのか?ここから何を導き出すのか?
3人がどういう授業報告をしてくれるのか、楽しみでなりません。
私のはちゃめちゃな購入プロセスを英語にして、論理的に組み立てて発言しなきゃならない3人を、家で応援して待ってます。ここからは彼らにお任せするしかありません。
がんばってね!!

やっと、私が授業で、勉強面でわずかに貢献できました!!!ブラボー!


話は変わりますが、ナンタケットバスケットがようやく完成しそうです。
a0108231_14234219.jpg

a0108231_1424267.jpg

あと一歩で完成です。来週の完成品をお楽しみに!!
[PR]
by nyu29 | 2007-09-19 14:36 | ナンタケットバスケット


<< たまにはボストン観光紹介 鳥目が歩けばスプリンクラーにかかる >>